宇宙旅行で、遺伝子が変化する?

宇宙旅行で、遺伝子が変化する?>

 

先日、「はやぶさ2」探査機が小惑星リュウグウへの2回目のタッチダウンに成功しましたが、いよいよ、宇宙旅行も能になりそうです。

アマゾン・ドット・コムの創業者が経営する宇宙ベンチャー企業が、初めての宇宙旅行を一人20-30万ドルで募集するとの事で、3000万円出せば宇宙に行けるようになります。

宇宙旅行の期間はどのくらいになるかはわかりませんが、今回、宇宙に1年間滞在した宇宙飛行士は、身体の外見だけでなく、遺伝子にも変化が起きているという研究結果が、米航空宇宙局(NASA)から発表されましたので、ちょっと心配です。

研究では、国際宇宙ステーションISS)に1年間滞在したスコット・ケリー宇宙飛行士について、地上にいた一卵性双生児のマーク氏・ケリー氏の遺伝子などを比較しました。

その結果、遺伝子のうち7%は地球に帰還してから2年たった後も、正常な状態に戻っていないことが分かりました。 そして、以前は一致していた2人の遺伝子が、宇宙滞在後は一致しなくなっていたということです。

今回の研究結果は、NASAが進める人体研究プロジェクトのワークショップで発表されたもので、研究では宇宙滞在によって起きる身体的変化を調べるため、スコット氏の代謝産物(生命の維持に必要)、サイトカイン(免疫細胞によって分泌)、たんぱく質(各細胞内の活力)について、宇宙滞在前と滞在中、帰還後に測定を行いました。

その結果、宇宙滞在は酸欠によるストレス、炎症の増加、劇的な栄養の変化をもたらし、遺伝子発現に影響を及ぼしていることが分かったそうです。

スコット氏の遺伝子発現は、地球に帰還すると93%が正常に戻りましたが、残る数百の「宇宙遺伝子」は変異したままで、その一部は宇宙滞在のストレスによって変異したと考えられています。

また、スコット氏の細胞では、酸欠と高濃度の二酸化炭素が原因と思われる低酸素症が起きており、ミトコンドリアにも損傷の形跡があったようです。老化の程度を表す染色体末端部位のテロメアにも変化が見られました。

宇宙滞在中はテロメアの長さの平均値が大幅に伸びたのですが、地球に戻ると約48時間以内に、出発前に近い値に戻って落ち着いたそうです。

そうしたテロメアの変化やDNAの損傷は、放射線とカロリー制限によって引き起こされたと推定されています。

ほかにもスコット氏のコラーゲンや血液凝固、骨形成にも、体液移動や無重力の影響と思われる変化が起きており、免疫が異常に活性化する現象も確認され、極端な環境の変化によるものと思われます。

まだまだ宇宙旅行は不安な部分が多いようですね。私は旅費の問題も含め、止めときます。

やせたシニアの女性も、糖尿病リスク

<やせたシニアの女性も、糖尿病リスク>

 

 糖尿病と聞くと肥満体形の人の病気のような気がしますが、50-60代の痩せた女性もリスクが高いことが分かりました。

 これは順天堂大の田村好史同大医学部准教授(内分泌学)らが、米国内分泌学会誌に発表したものです。

 糖尿病は男女を問わず、やせている方が発症リスクが高いことが知られていましたが、その要因まではよく分かっていませんでした。  

 そこで研究では、体格指数(BMI)が18.5未満のやせた女性(20代の31人、および閉経後の50~65歳の30人)に、ブドウ糖溶液を飲んでもらい、血糖値がどう変化したか調べました。

 すると、閉経後の50~65歳の女性の37%に、血糖値が正常より高い耐糖能異常がみられることがわかりました。  

 この結果から、年齢と共に糖を蓄える筋肉が減ったり、筋肉が糖を取り込みにくくなったりするためと考えられました。

 即ち、筋肉には糖を蓄える働きがありますが、加齢と共に血糖値を下げるインスリンの分泌が減るため、筋肉の量が減ったり、運動不足などで脂肪筋化して筋肉の質が低下したりして、高血糖になりやすくなるのだそうです。

 

 女性は骨折が介護を受けるきっかけとなることが多く、やせていると骨折のリスクにもなります。

 研究者らは、適度な運動やバランスのよい食事を進めて、筋肉の量と質を高めることが大切で、若いうちからよく食べよく運動し、糖尿病発症のリスクを少しでも減らすよう取り組んでほしいと述べています。

うんちにも、指紋同様の個人差

<うんちにも、指紋同様の個人差>

 

うんちと言ってバカにしてはいけないようです。

排せつ物には、指紋と同じくらい個人差があるそうです。

これは、ニュージーランドオークランド大学(University of Auckland)の研究者らが、学術誌「ヒューマン・マイクロバイオーム・ジャーナル(Human Microbiome Journal)に発表したものです。

ちょっと変な研究なのですが、著名なポップアート作家ビリー・アップル(Billy Apple)氏の排せつ物を調べたそうです。

ちなみにこの排泄物はれっきとしたアート作品由来のものだそうで、アップル氏が1970年に発表した作品「Excretory Wipings(排せつ物を拭き取ったものの意)」に付着していた排せつ物が含有する細菌群と、46年後の同氏の排せつ物にも含まれている細菌群を比較しました。

その結果、80歳になったアップル氏の腸内細菌叢(そう)は、35歳当時と比べて細菌の種類は減ったものの、年齢や環境、食生活の著しい違いにもかかわらず、46年を経ても細菌種の45%が残っていることが分かりました。  

これらの微生物の集まりは、ヒトの体組織と作用し合い、心身の健康や発達に重要な役割を担っていると考えられることから、個々の患者さんに向き合うオーダーメイド医療では遺伝子だけでなく、マイクロバイオーム(ヒト常在細菌叢)も考慮すべきであるとされています。

物忘れを抑えるタンパク質!

<物忘れを抑えるタンパク質!>

 

 物忘れが気になる人に朗報です。脳が記憶を保つ重要なメカニズムが明らかになってきました。

 これは、群馬大学白尾智明教授らの研究グループが、「A型ドレブリン」と呼ばれるタンパク質が忘却を抑える働きをしていることを突き止め、細胞神経科学に関する術誌「Frontiers in Cellular Neuroscience」(フロンティアズ・イン・セルラー・ニューロサイエンス)に掲載したものです。

 認知症学習障害といった、記憶に関わる病気の治療法開発につながる成果だそうで、注目を集めています。

 

 記憶は神経細胞のつなぎ目であるシナプスに蓄えられます。しかし、記憶が失われるとシナプスが小さくなる「長期抑圧」と呼ばれる現象があるのですが、この現象は成熟するにつれて起こりにくくなることが分かっていました。

 そこでこの成熟した脳で長期抑圧が起こりにくい理由を、マウスの脳を使って調べたところ、成熟すると脳内で増えるA型ドレブリンが作用していることが分かったそうです。    

 逆に発達段階の脳は分子構造の異なる「E型ドレブリン」が多く、長期抑圧が起こりやすいとみられています。

 研究者らによると、今回A型ドレブリンの役割が明らかとなったことから、脳機能障害の解明や治療法の開発につながる可能性があるとしています。

 

 このところ、私も物忘れが激しくなってきていますので、その成果が一刻も早く出ることを期待します。

ゲーム依存症は病気です:WHOが認定

<ゲーム依存症は病気です:WHOが認定>

 

スマートフォンなどのゲームのやり過ぎで日常生活に支障をきたす依存症が、「ゲーム障害」として国際的に疾患として認められました。

これは世界保健機関(WHO)が明らかにしたもので、国際疾病分類の「ICD-11」に明記されることになるそうです。  

ちなみに、このICDとは日本をはじめ多くの国が死因や患者の統計、医療保険の支払いなどに使う病気やけがの分類で、これに収載されればレッキとした病気です。  

厚生労働省の調査によると、成人約421万人、中高生約52万人がゲームなどのネット依存の恐れがあるとされているのですが、これに対する対策をほとんどなされていません。

今回、このゲーム障害が国際的に疾患として認められたことで、予防対策や適切な治療を求める声が強まると期待されています。

その一方で、ゲーム業界団体などはゲームに依存性はないと反対しているそうです・・・。

 

そういえば、日本各地でカジノの誘致合戦が行われていますが、お金儲けにはなるかも知れませんが、なんともはや!という感じです。

眼鏡をかけている人は、知性的!

<眼鏡をかけている人は、知性的!>

眼鏡をかけている人は、そうでない人に比べて知性が高い、という話題です。

これは、イギリスのエジンバラ大学の研究チームが、オンライン学術メディア「ネイチャーコミュニケーションズ」に発表したものです。

研究では、CHARGE(ゲノム疫学心臓・老化研究コホート)、COGENT(認知ゲノミクスコンソーシアム)およびイギリスのバイオバンクに登録されている16歳から102歳までの30万486人を対象に、認知データと遺伝子データを分析したところ、認知機能と関連のある148の遺伝子座を発見できました。

これらの遺伝子座は、身長や体重といった身体的特質や、肺がんやクローン病などの医学的特質、統合失調症自閉症をはじめとする精神医学的特質と関連していたそうです。  

さらに、認知機能と健康にまつわる52の特質との遺伝相関を分析したところ、36の特質において、認知機能との間に顕著な遺伝相関があることが分かりました。

即ち、一般的な認知機能が高いほど近視になりやすく、28%の高い確率で眼鏡が必要となる遺伝子を持つのだそうです。

また、このような人は握力も強く、高血圧や心臓発作、狭心症、肺がん、変形性関節症、抑うつ障害にもなり難いとされています。

という事ですが、貴方の眼は如何です?

スタンディングデスクで、仕事の効率アップ

<スタンディングデスクで、仕事の効率アップ>

 

スタンディングデスクとは、立ったまま仕事ができる机で、椅子がないためいわゆる立ち仕事になります。

立ち仕事と聞くと、足がむくみ、疲れがたまって、仕事の効率が低下するような感じを受けますが、最近の研究で、職務遂行能力を上げることが明らかになりました。

これは、英ラフバラ大学の調査チームが、医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)に発表したものです。

調査は、英国民保健サービス(NHS)の職員146人を対象に実施されたもので、調査に先立って、77人の職員には昇降式デスクと呼ばれる高さ調節が可能なスタンディング・デスクを提供され、仕事を立って行う目標時間が設定されたそうです。  残りの69人は、通常のデスクでの作業を続けてもらいました。

その結果、1年後にはスタンディング・デスクを使った職員は、使わなかった職員と比べ、座っている時間が1日あたり1時間以上短縮されていました。  また、これらの職員は疲労感が少なく、より集中ができ、生活の質も改善している事が分かりました。

これまでの研究によると、常に座った姿勢でいると健康を害することが示唆され、心臓血管の問題を抱えたり糖尿病にかかりやすくなったりする可能性があることが分かっています。

という事ですので、立ち仕事もなかなか良さそうです。貴方のご家庭でも取り組んでみませんか?