セロトニンを増やすには、1秒間に2歩のスピードで歩く

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


セロトニンを増やすには、1秒間に2歩のスピードで歩く>


歩いていると何となく元気が湧いてくる。そんな経験がきっとあると思います。

寺山修司さんの『書を捨てよ。町へ出よう』の言葉には、私も青春の頃の悩みから救われた思い出がありますが、今も何かクシャクシャしたことがあると、ただ早足で歩くことにしています。


さて、歩行など一定のリズムを繰り返す運動をしていると、脳内からはセロトニンという物質が放出されます。
セロトニンには、大脳を覚醒する効果がある一方、精神的に落ち着かせる効果もあり、冷静で的確な判断ができるようになります

この歩き方にはコツがあります。
1秒に2歩、やや早足のこの歩き方が、アイデアを出すにはいいようです。


逆に、ただ座って坐禅をしている時も、セロトニンが出ることが確認されています。
これは丹田呼吸法と呼ばれる呼吸で、おへその下あたりがふくらむよう意識して呼吸するやり方です。


それ以外にも、セロトニンを増やすには朝起きて太陽の光を浴び、適度な運動とバランスの良い食事を摂るなども有効です。
太陽の光を浴びると、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌がストップし、代わりに脳の覚醒を促すセロトニンの分泌が活発化されるのです。

ですから、一日中部屋の中にいて引きこもりっていると、セロトニンメラトニンの分泌のバランスが崩れ、不眠症になったり、うつ病になりやすくなったりしてしまうのです。


「朝日を浴びて起き、早足で散歩をし、その後は家で静かに座って深い呼吸をする生活」、このような生活が気分よく生きていく秘訣のようです。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



 いつもお読みいただき、ありがとうございます。

 
 無料メールマガジン(マグマグ)をお送りしています。
 ご購読ご希望の方は、「Dr.ハセのクスリとサプリメントのお役立ち最新情報(http://www.mag2.com/m/0000115735.html)」からご登録をお願いいたします。



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■