がんと食べ物の関係

● がんと食べ物の関係


 がんの罹り易さと食生活とは、密接に関係しているとよく言われます。
 しかし、実際に人を対象として、その関連を科学的に証明した研究はあまり
ありません。
 ところが、ボストンで開かれた全米癌学会(American Associationfor Cancer
Research meeting)国際シンポジウムにおいて、食生活とがんの発症率との
間に強い相関関係がある、との報告がされていますのでお知らせします。

1) 幼少期に多量の大豆を摂取した女性は、乳癌発症リスクが低い。
 これは、米国立癌研究所(U.S. National Cancer Institute, NCI)のLarissa
Korde博士らが、アジア系米国人の女性1,563人を対象として調べてわかったも
のです。
 このうちの597人が乳癌を発症しており、これらの人について、幼少期の大豆
の摂取量について分けたところ、週平均2食以上食べたグループでは、週平均
4分の1食しか食べなかったグループに比べ、乳癌発症リスクが58%低いこと
がわかりました。
 また、同様に、思春期および成人期でも、大豆食を多く食べるグループでは、
乳癌リスクが25%低かったそうです。
 アジア人は大豆の消費量が多く、乳癌発症率は米国人の4分の1以下なので
すが、このアジア人が米国に移住すると、わずか3世代で米国人の乳癌発症率
となってしまう事が知られています。
 即ち、乳癌になり易さは、人種差によるのではなく、食生活が重要であろう
というわけです。
 何故、大豆食では乳癌が起こりにくくなるのかについては、大豆に含まれる
イソフラボンにはエストロゲン様の保護作用があり、若年期に多く食べると乳
房組織の発達に変化が生じ、そのため発癌になりにくくなると考えられるそう
です。

2)魚を多く食べる男性は、大腸がんになりにくい。
 これは、ハーバード大学のMegan Phillips医師が、22,071名の男性について
調べた結果により分かったものです。
 それによりますと、週5回以上魚を食べる男性は、週1回以下しか食べない男
性に比べて、大腸癌(直腸結腸癌)になるリスクが40%も低いということです。
 ちなみに、女性に関しては、魚を多く食べると腎臓がんでもっとも多い腎細胞
がん(renal cell carcinoma)が44%低下する事が知られているそうです。

3)ビタミンEを多く摂ると、肺がんになりにくい。
 コロンビア大学のFrederica P. Perera氏がおこなった、タバコ喫煙者280人
を対象とした研究によると、ビタミンEの豊富な食事を摂っている人は、喫煙
に起因する様々な癌の発症リスクが低いことがわかりました。
 血液中のビタミンEのレベルが高い人では、白血球の酸化ダメージが少なく、
がんの発生率を低下させると考えられるとしています。
 ただし、このビタミンEの効果は男性のみで、女性ではそのような効果は認め
られず、どうもビタミンEにより起こる、GSTM1と呼ばれる解毒遺伝子の活性化
は、男性だけに起こるためのようです。


 いずれにせよ、がんの発生と食事とはかなり密接に関係しているようですので、
皆様、食生活の見直しを!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 今日の話題は如何でしたか?

 ・既刊号は、ホームページ「http://www.drhase.info」をご覧下さい。

 ・メールマガジンをお届けしています。ご希望の方は、上記ホームページよ
  り登録なさってください。

 ・また、情報交換の場として、「http://d.hatena.ne.jp/Drhase/」のコメ
  ントコーナーもご覧下さい。