飲酒と自殺の関係

● 飲酒と自殺の関係


 今年の大型連休は如何お過ごしでしたでしょうか?
 私は本の買いだめをしようと、大型書店のはしごをして廻っていました。
 都内はいつもの休日よりも人出がなく、快適に歩き回れましたよ。

 しかし、人々が楽しそうにしている傍らで、JR山手線で相変わらず人身事故
が発生しており、複雑な思いをしました。
 そこで今日は、自殺の問題をもう一度考えてみることにしました。

 このところの国内の社会及び経済状況を反映して、毎年の自殺者が3万人以
上となっています。
 そのうちの半数以上が40歳以上の男性で、本人は勿論、その方の家族の事を
考えるとやりきれなくなってしまいます。


 さて、今回この中高年男性の中でも、お酒を多く飲む人と、逆に全く飲まな
い人に自殺率が高い事がわかりました。

 これは、名古屋市立大明智龍男助教授らが、「英国精神医学雑誌」(British
Journal of Psychiatry, March 1)に報告したものです。

 研究は1990年から1993年にかけて、全国の40歳から69歳の男性約4万4
000人に、飲酒習慣や1日に飲む量などをアンケート調査しました。

 次いで7年間以上にわたってこれらの人について追跡調査したところ、その
うちの168人の方が自殺していたそうです。

 そこで、これらの人の飲酒量と自殺との関係を調べたところ、最も自殺率が
高かったのは、「週に1回以上飲み、飲む量は日本酒換算で、1日あたり3合
以上」というグループと、「全く飲まない」グループで、どちらも年間約1,600
人に1名の頻度で自殺者が出ていたそうです。

 逆に最も低かったのは、月に1回から3回の「時々飲む」グループで、自殺
率は年間約3,600人に1名でした。
 即ち、自殺率の高いグループでは、「時々」グループの自殺率の実に2.3倍と
いう事です。

 このうちの、「週1回以上飲むが、その量は1日に3合以下」のグループで
は約1.7倍となっており、飲む量に比例して自殺率が上昇していたそうです。

 また「全く飲まない」と答えた人について、「以前は飲んでいたがやめた」
人と「もともと飲まない」人に分けると、自殺率は「やめた」グループで特に
高くなっており、「時々」の人6.7倍になっていたそうです。

 昔から、“お酒は百薬の長”と言われていますので、あまり飲み過ぎず、気
分転換目的に飲むのがよさそうですね。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 今日の話題は如何でしたか?

 ・既刊号は、ホームページ「http://www.drhase.info」をご覧下さい。

 ・メールマガジンをお届けしています。ご希望の方は、上記ホームページよ
  り登録なさってください。

 ・また、情報交換の場として、「http://d.hatena.ne.jp/Drhase/」のコメ
  ントコーナーもご覧下さい。